iPhone12に載せられるA14チップのCPUが15インチのMacBookProと比較してもそれに匹敵するという話

僕は以前、iPhone9もしくは、iPhoneSE2がiPhone11のチップを搭載して登場する噂についてお話ししました。

こちらですね。

iPhoneは新機種が登場するたびに、凄いスペックを誇ったモデルを発表していますが、iPhone12に載せられるやつも相当すごいやつみたい。

僕は以前iPhone12の機能性について何回かお話ししましたが、今回はA14チップについて。

こちらの記事で書いているiPhone12の機能なんですが、なんと3Dセンサーで物体をスキャンしたり、距離を図ったりすることで出来るそうなんです。

そりゃすごい。

つまり3Dプリンターを使用する時に必要な3Dなデータをいくらでもつくれちゃうということです。

例えば、目の前にリンゴが一つあったとします。

iPhoneの3Dセンサー、ToFというんですが、このToFでそのリンゴと全く同じ形のものが作れちゃうわけなんですね。

そういう感じで、処理速度や画像の綺麗さなどのスペックとは違った凄さを毎回見せてくるアップルですが、2020年の秋に発表されるとの噂のiPhone12は一体どんな風に進化してくるのでしょうか?

前回お話ししたiPhone12の噂は主に、その新たな機能についてでした。

顔認証能力がソフトウェアの面でもハードウェアの面でも向上するという感じで。

そしてそんな顔認証がザ・たっちの双子の顔を見分けられるのかに焦点が向けられているわけですが笑、実際どれくらい顔認証能力がすごくなるのかは気になるところです。

まあ、僕としては顔認証は使わないので、どっちでもいいんですが、気になるのは処理速度の上昇の方ですかね。

僕はパソコンでも、スマホでも処理能力に遅いやつに悩まされていたことが多かったので、今回iPhone8を使用していて、結構長いこと使っていますが、動作がまるで遅くならないので、その辺りに関してもすごく感謝しています。

あまり重たいアプリなどを使用することがないので、おそらくはそれが理由だと思うのですが、それでも全く遅くならないので、iPhoneってすごいなあと感じているわけです。

さて、2020年に5Gが使用出来るiPhone12が発表されるわけですが、中に搭載されるのはA14と呼ばれる最新のチップ。

それにより、iPhone12の処理能力は格段の向上し、iPhone11と比べても処理速度はすごく高くなるみたいです。

その処理能力は、現行モデルのMacBook Proと同じようなベンチマークを記録できるほどの能力を持つそうです。

つまり凄い処理能力ということ笑

台湾のTSMCはこれまで主流となっていた7nmプロセスから5nmプロセスに移行し、自動車部品などでもそれらを使用したものを量産するそうなので、iPhone12に搭載されるA14チップもまた、5nmプロセスで製造されるということでしょう。

そうなると、5nmという、かなり細かな設計が出来るように技術が進歩しているので、1平方センチメートル辺りのトランジスタ数は150億個くらいだと計算出来るみたいです。

A13よりも面積が広く取った場合で考えると単純に2倍近くのトランジスタ数を配置出来ます。

iPhone11に載せられているのがA13チップで、0.985平方センチメートル辺りに7nmの線で設計されるとトランジスタがだいたいA14の半分くらいになるのですが、実際には、A14には1平方センチメートルほどの大きさを持たせず、より小さい面積で勝負する可能性もあるみたい。

面積で言うと、A13よりも小さい0.85平方センチメートルくらいの大きさ。

それでも125億個のトランジスタを配置出来るみたいですが笑

おそらくそっちのほうがマーケティング的には優れているのかなと。

技術は向上しているので、それを小出しにして新たなモデルを順次販売するほうが賢いやり方なんじゃないかなと。

A13のトランジスタ数が85億個ですから、125億個でもすごい飛躍になるわけです。

そしてiPhone13などで面積を広げたA15を採用すればさらにトランジスタ数を増やすことが出来ます。

トランジスタが多ければ良いというものではありませんが、レーゼーの線が細ければ細いほどスペースが出来、コアのサイズやキャッシュの数を増やせるため、結果的に高性能なCPUが出来上がるわけです。

そういう感じで、iPhone12はiPhone11よりもさらに高速な性能が期待出来ます。

同じ条件で比較したら、ベンチマークはiPhone11の性能を超えることでしょう。

ただ、ウィンドウズのように、並行してOSが重くなれば意味がないんですけどね笑

そういう感じで、iPhone12の情報が公になってきていますが、あくまでも噂なんだそうです笑

もうここまではっきりした情報が出回っているということは、おそらくはこれとあまり変わらないやつが発表されるんじゃないでしょうかね。

スペック的にはかなり十分なわけですが、新たな機能が搭載されればされるほど重要となるのが、それらを処理する能力。

スペック面が要求されます。

いま世界がすごく変化していますが、iPhoneもまたその大きな役割を担っています。

これからどんな新機能が追加され、どんな技術が搭載されていくのか実はすごく楽しみだったりします。

得にToFについてはすごく興味深いですからね。